メスを使わない美容整形で輪郭をシャープにできた!

ガムの噛みすぎであごの筋肉が発達

美容整形 輪郭輪郭のおすすめ施術|

ガムの噛みすぎであごの筋肉が発達 | 筋肉の動きを抑える注射 | 小顔効果が実感できた

えらが張った輪郭で、それは大学生ぐらいの時からかなり気になっていました。
多分子供の時には今写真で見てもあまり気になるような感じではなかったです。
考えられる原因の一つには、ガムのかみすぎというのがあります。
というのも大学時代ぐらいにかなりハードなストイックダイエットを試みたことがあり、とにかく間食を防ごうという事で暇さえあればガムを噛んでいるという時期があったのも原因かもしれません。
そもそも人間は噛むという動作は3度の食事と合ってもおやつの時ぐらいで、それ以外の時に噛むという行為をするようには作られていないそうです。
これは歯医者さんに聞いた話ですが、あごが発達してしまったり、エラがはったり歯にも影響が強いという事でした。
たしかにぐっと噛んで力を入れると、あごの付け根というかエラのあたりがぼこっとします。
これこそが私の顔が大きくなって見える原因の一つでもありますし、骨格が同行というよりは私の場合はあごの筋肉の発達が気になっていました。
逆に筋肉ではなく骨格の問題ですと、骨を削ったりといった根本的な工事のような手術が必要になる感じです。