メスを使わない美容整形で輪郭をシャープにできた!

筋肉の動きを抑える注射

ガムの噛みすぎであごの筋肉が発達 | 筋肉の動きを抑える注射 | 小顔効果が実感できた

美容整形も今はプチと言ってメスを使わないような方法でしたら多くの方が受けていますし、テレビでもヒアルロン酸やボトックスやプラセンタなどは良く特集されていることもあり、私も抵抗なく出来そうという印象でした。
ちなみに輪郭ではありませんが、プラセンタの注射は美白のために受けています。
しかしこの注射はお顔にうつわけではなく、腕への皮下注射です。
そのため初めて受けるとなると私は顔に注射をすると言うのが少し恐怖でした。
まずはカウンセリングを受けましたが、私の場合は予想通り骨格が広がっていてエラが張っているというわけではなく筋肉の発達によるものだったので、ボトックス注射でその動きを抑えることが出来ると言われました。
ボトックス注射はおでこのシワを目立たなくしたり、ほうれい線にも使われることがありますし、ワキガの人やふくらはぎを細くするときにも使われます。
基本的には筋肉の動きを抑制するという事で使われますが、発達しすぎたふくらはぎなどは筋肉を落とすという事でも使われたりするようです。
エラ張りのプチ整形でしたら1回の注射でも結構実感できるという事で、私も興味がどんどん出てきました。
料金的にも予算の範囲内でしたし、クリニックを選ぶ時には相場と口コミを合わせて比較しました。

ふぅー。
エラボトックスしてみたい。
やったことある人、表情筋おかしくならなかったですか?そこだけ心配…#エラボトックス

— しょこたん (@shoooookotan111) January 25, 2020